メニュー

血尿

検診やかかりつけ医の先生に血尿を指摘されたり、ご自身で肉眼的に血尿を認めた場合など、症状の有無にかかわらず心配になるものです。

腫瘍、結石、膀胱炎などの炎症、腎臓の血管の病気、腎臓の内科的な病気等さまざまな原因を除外する必要があります。
まずは尿沈渣を含めた尿検査を行い、ビリルビン尿等を否定したうえで超音波検査を中心としたスクリーニング検査を行うことになります。負担の少ない検査から行っていき、尿細胞診やCT、MRI、採血、膀胱鏡など精密なな検査を行ってまいります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME